ルイヴィトンファン

ルイヴィトン・ダミエ解説

人気のルイヴィトンの中でも、モノグラムラインの次に人気の高いのがダミエラインです。 ダミエには一度廃盤されたという過去も持ち合わせています。 今や定番となったダミエの魅力を解説します。
私事ですが、個人的にも非常に好きなラインの一つです。

ダミエライン解説

ダミエ・キャンバス
1888年に発表された。日本の市松模様をヒントにデザインされたといわれるダミエ・キャンバス。非常に高い人気、評価を得ていたが、その後コピー製品が氾濫し、なんと廃盤へ追い込まれる。 その後数年の間、ダミエは復活することがなかったが、なんと1996年にモノグラム・キャンバスの生誕100周年を記念して復活する。 これが非常に高い人気を得ることになり、1998年に定番ラインへと復帰。 今ではラインの中で見ても重要なポジションを獲得している。デザインの特徴としては、まんま日本の市松模様だが、これがまたいい。
ダミエ・ジェアン
いわゆるメンズラインの一つ。ダミエ・ジュアンは男性向けであるためか、ダミエの市松模様を大きくしたデザインが特徴。
男性向けを意識してか、ゴルフバッグなどのスポーツティーな商品構成も特徴的である。 かっこいいから男性にはオススメのラインです。
2004年発表。