ルイヴィトンファン

ルイヴィトンの歴史

ルイヴィトンの歴史は、1854年にパリに旅行鞄専門店をオープンしたところから始まります。
荷造り用の木箱職人として修業してきたルイ・ヴィトンが作ったトランクは、斬新なアイデアによってたちまち人気となりました。 当時のトランクが革製品が常識だったのに対して、キャンパス地を採用したのは彼の斬新なアイデアのなせるわざでしょう。

また輸送機関の発達に注目し、積み重ねることのできる平らなトランクのデザインが絶大な人気を得ました。 1888年には、二代目ジョルジュ・ルイ・ヴィトンが日本の市松模様をヒントに「ダミエ・ライン」を考案。

さらに1896年には、ダミエのコピー商品が出回るのを防ぐために、新たなるデザインであり、今やお馴染みのルイ・ヴィトンの定番柄「モノグラム・ライン」を作成。

このデザインにより今や押しも押されぬ人気のトップブランドとなった。
今や世界中で愛用されているブランドであるといえる。
日本での人気はいうまでもない。

1821年、創業者のルイ・ヴィトン誕生
1854年、パリで「ルイ・ヴィトン」を設立
1857年、2代目となるジョルジュ・ヴィトンが誕生
1867年、パリ万国博覧会で銅メダルを受賞。模造品も出現
1880年、ジョルジュ・ヴィトンが2代目に就任する
1883年、3代目となるガストン・ヴィトンが誕生
1888年、「ダミエ・キャンバス」発表
1892年、創業者のルイ・ヴィトン死去
1896年、「モノグラム・キャンバス」発表
1981年、ルイヴィトン・ジャパン設立
1985年、「エピ」発表
1987年、ルイ・ヴィトン社とモエ・ヘネシー社が合併し、LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)グループ誕生
1993年、「タイガ」「オペラ」ライン発表
1998年、「ヴェルニ」発表
デザイナーにマーク・ジェイコブス氏を起用
2001年、「グラフィティ」発表
2003年、「ヴェルニ」「モノグラム・サテン」「ヴォヤージュ・ミニ」発表